DNLE blog: Softbank プラチナバンド認可。

2012年3月2日金曜日

Softbank プラチナバンド認可。

プラチナバンド争奪戦に決着がつきました。

大方の予想通り、ソフトバンクが獲得したみたいです。

ソフトバンクは7月25日からの運用を目指しているようです。
ソフトバンクHPより。

これによって、ソフトバンクの通話品質は、かなり向上するのではないでしょうか?
でも、現状では、iPhone4以上でないと、恩恵を受けれないみたいですが…
僕は未だにiPhone3GSなので…

ところで、プラチナバンドってそんなにいいの?
ってことで、ちょっと周波数について復習してみました。

周波数とは、簡単に言ってしまうと、一秒間に繰り返される波の数。
難しく言うと
周波数は、波動振動周期逆数 (Wkipediaより。)

特徴としては以下のようなものがあります。

周波数が高い
○情報伝送量が大きい。
○直進性が強い
○そのため、障害物があると、反射してしまう。
○逆に障害物がない空に向けると、宇宙にまで到達する。

周波数が低い
○情報伝送量が小さい。
○地表を這うようにして、伝わる
○そのため、直進性が弱い。
○逆に障害物を回り込むように伝わる。

ということで、障害物が多い現代で、そこまで情報量を必要としない音声通話にはもってこいの電波がプラチナバンドと呼ばれている訳です。

詳しく知りたい方は以下を参考にどうぞ。

すでに、DocomoとKDDIは、プラチナバンドを取得済みだったため、明らかに電波の格差が存在していましたが、これで、ソフトバンクも同じ土俵に上がる事ができました。

めでたしめでたし…とはなりません。

というのも、アナログ放送で使用していた周波数700MHz帯域を、今年の夏、総務省が携帯事業に最大3社に割り当てる方針のようです。
総務省HPより。

ということで、また、新たな戦いの火ぶた落とされたようです。
次は EMOBILE あたりが有力でしょうか?



0 件のコメント:

コメントを投稿