DNLE blog: はじめてのsmoke

2012年8月20日月曜日

はじめてのsmoke

Autodesk smoke 2013 プレリリース版もダウンロード開始からだいぶ経過し、多くの方がインストールしているでしょう。

ですが、インストールしたものの、僕みたいにHDDの肥やしになっている方もいるかも…

特に初めて触る方は、何かと戸惑いがあるかもしれません。

そんな方々の強い見方が Autodesk AERA Japan です。
smoke の使い方を日本語動画でわかりやすく説明しています。
コンテンツも増え続け、今日現在ざっと…以下の内容です。


  • 01. Smoke 2013プレリリース版のダウンロード&インストール方法
  • 02. ユーザインタフェース
  • 03. まず始めに:プロジェクトとユーザの作成
  • 04. Media Hub:メディアのインポート
  • 05. Media Hub:Photoshopファイル(アルファチャンネル付)の扱い方
  • 06. Media Hub:コンフォームワークフロー (制作中)
  • 07. メディアライブラリ:メディアとシーケンスの管理
  • 08. タイムライン編集:ソースフッテージのビューイング
  • 09. タイムライン編集:シーケンス
  • 10. タイムライン編集:オーバーライト、インサート、ドラッグ&ドロップ編集
  • 11. タイムライン編集:タイムラインのナビゲーション
  • 12. タイムライン編集:ビデオトラックとパッチング
  • 13. タイムライン編集:3ポイント編集、4ポイント編集
  • 14. タイムライン編集:シーケンスでのクリップの移動
  • 15. タイムライン編集:シンク
  • 16. タイムライン編集:スプライス、エクストラクト、リフト、サブクリップの作成
  • 17. タイムライン編集:トリム
  • 18. タイムラインFX:トランジッション - ディゾルブ、ワイプ
  • 19. タイムラインFX:基本
  • 20. タイムラインFX:リサイズ
  • 21. タイムラインFX:タイトル作成
  • 22. タイムラインFX:タイムワープとスピードチェンジ
  • 23. タイムラインFX:カラーコレクション
  • 24. タイムラインFX:Axis – 基本
  • 25. タイムラインFX:アニメーション
  • 26. タイムラインFX:Axis - トラッキング&スタビライジング
  • 27. タイムラインFX:Axis - キーイング
  • 28. Connect FXワークフロー
とまぁ、かなりのボリューム。一通り見る事をおススメしますが、これだけのボリュームがあると、それだけでくじけちゃう人もいると思います。まずは、興味のある物から見てみるのがいいかも。

それと同時にAERA Japanで見ておきたいのが 
ここには、以下のような情報が掲載されています。

ファイルベース メディアのインポート
Proxyオプションの設定
サポートしているメディアファイルフォーマット
Setup Utilityの使い方
メディアストレージの編集
ユーザーの作成
ユーザーの削除
プロジェクト作成
プロジェクトの削除
プロジェクトのConfiguration Templateを選択する
プロジェクトのSetup Directory設定
グラフィックスレンダリングのビット深度を設定する
Intermediate Rendersフォーマットの設定
Smokeのメディアストレージの編集
クリップをファイルでエクスポートする

インポートからエクスポート、対応ファイル形式一覧などやセットアップユーティリティの使い方なんかも掲載されています。

僕自身も今まで何となくしか理解していなかった、Max Library Size なんかも明文化されていて、なるほど!と更に理解を深める事の出来る資料です。

また、その他にもコラムなんかもあって、Autodesk の川船さんが smoke について掲載しています。

興味のある方は是非AERA Japanへ。

より、最新の情報を得たい人は 本家AERA へ。


0 件のコメント:

コメントを投稿